今回は、関西で活躍されている女優,南羽真里(みさと)さんから刺激を預かってきました。
プロバレリーナとして活躍していた南羽さんは
バレエの舞台に立つことで、
セリフを入れた演技をしたいと思うようになっていきました。
そのとき見つけた女優の道。
どちらかを選択しなければならなくなった南羽さんは、
18年間も続けていたバレエを辞め、
なぜ女優を選んだのでしょうか。
そこには、南羽さんの大きな決意がありました。

南羽 真里Misato Namba

 

4歳から18年間続けてきたバレエを辞め、あるきっかけで自分から一歩踏み出したことにより、プロバレリーナの道から女優へ転身。現在も女優業に奮闘中。
関西朝の情報番組 ABC「おはよう朝日です」リポーターをはじめ、羽曳野市PR WEBドラマ出演、サロンモデルなど、活動の幅を広げている。
Blog  ,  Twitter

習い事は“バレエ”

 

Redox.

現在、南羽さんは女優として活動されていますが、昔から女優になることに憧れていたのですか?

 

南羽 真里

私は、以前バレエ団体に所属していました。
バレエを4歳から始めて、18年間続けてきました。
はじめはもちろん習い事からでしたね。

小学生の高学年の頃から、
もっとバレエが上手くなりたいという気持ちが芽生え、その旨をバレエ教室の先生に話しました。
その方は、私の恩師でもあるベテランの先生で、
先生の後押しもありバレエ団の特別クラスに入ることができました。
そこからは、バレエに没頭していました。

 

Redox.

バレエをやっていたんですね!
次第に、プロを目指すようになっていったのでしょうか?

 

南羽 真里

実は、高校生くらいからお芝居に興味を持つようになっていました。
というのは、バレエの作品では、ほとんど言葉を発っすることなく踊っているので、体や顔などで表現します。
ただ、きちっとしたセリフなしの踊り以外にも会話があるんです。芝居として。

私はそういう芝居で会話をすることが好きでした。
決められたものを踊るよりも、会話をするとか、バレエのなかで演技をすることに、心のどこかでなんかいいなあ。と思うようになっていきました。
ふと、映画やドラマを見ても、そう思うようになりました。

でもお芝居をしたいと思っても、具体的に何をどうやっていけばいいのか分からない状況でした。
そんな中、18歳で今後の進路を決める際は悩みましたね。

しかし、バレエの恩師にはプロバレエ団への道を勧めていただきました。
ちょうどその頃は、
お芝居をやりたい気持ちより、昔からバレエを応援してくださっている恩師や親へ恩返しをしたい気持ちの方が強かったんです。
そしてオーディションを受け、バレエ団に入ることができました。

 

プロバレリーナの道へ

 

Redox.

実際、プロバレリーナになってからはいかかでしたか?

 

南羽 真里

本当に右も左も分からない状況でした。
はじめの頃は、バレエ団にかかってくる電話の対応から学びました。

他にも、公演の準備や練習はもちろんありました。
大きく変わったことといえば、舞台に立ったらお金をいただくことができる立場になったことですね。
公演の時は、いくら1年目だとしても、お客さんから見れば一緒なんです。
なので、プロバレリーナとしての自覚を持つようになりました。

ただ、バレエの世界は、上には上がいる世界で、周りの方は本当にすごい方ばかりでした。
それに、私以外の方の多くは、身長が高いんですよ。
主役となると、ある程度背丈が必要で…
私は、バレリーナとして自信を持つことはできませんでした。

 

Redox.

社会人としてバレエをすることにギャップが生じましたか?

 

南羽 真里

バレエは、演技というよりどちらかというと型にはまっています。
例えば、有名なところでいうと”白鳥の湖”。
真ん中で踊っている人の周りを固める役がいるんですよ。背景みたいな感じで。
実は、周りの役でも頭の角度、目の高さ、手の位置などは決まっているんです。
ちょっとでもずれたらダメなんです。

入団してから通る道だろうと、ある程度は予測していましたが、
それをはるかに超えるもので、なんとなく違和感を持つようになりました。

昔から型にはまって踊るより、比較的自由にできる芝居型のほうが好きなのかなと心のどこかにいつもありました。
簡単に言ってしまうと、
好きだったバレエが、どんどん嫌いになっていったんです。
入団する前に、お芝居の方にも興味があったので…
おそらく、バレエのことだけ考えていたら、そんなことなかったんですけど。
お芝居に関しては、興味を捨てきれていなかったんです。

と言っても、私は今までは習い事としてバレエを続けていたのは、自分がやりたかった気持ちがあったからです。
それに加えて18年間続けていたので、自分から“辞めたい”と言えなかった。
だから入ってすぐに、あれもこれも嫌っていうのは自分の中で間違っている気がしました。

ただ、どんどんストレスに感じて、一時期はめっちゃ痩せました。(笑)

ep32-2
(バレリーナの時の南羽さん)

 

演技に興味を持ち出す

 

Redox.

バレエを続けるか否かの葛藤があったんですね。
では、バレエを辞める決断にはどのようなきっかけがあったのでしょうか?

 

南羽 真里

後輩が入ってきた頃から、
仕事に少しずつ余裕を持つことができるようになりました。

そんな時に、ミクシィで、
「京都で映像を撮っています。興味のある方は是非」と書いているのを見つけて、
連絡してみました。

本来だったらそういう見出しだけだと怪しいんじゃないの?って疑うはずなのに。
それに、京都で近いというのもありまして一か八か送ってみたんですよ。(笑)
そしたら話が進んでいき、実際に会うことが決まったんです。

半信半疑と期待の気持ちで行ってみると、しっかりしたスタジオがあるところでした。
私のイメージビデオを作る企画だったのですが、機材を使って撮られること、いろんなシチュエーションがあること、現場の雰囲気、何もかもが新鮮でした。

それが本当に、型にはまってなくて、自由で。
もう楽しくて楽しくて…(笑)

 

Redox.

何かのきっかけになると思って、一歩を踏み出したのですね。
そこから、お芝居の気持ちを抑えることができました?

 

南羽 真里

またやってみたい気持ちは、心のどこかにありました。
それから半年が経った後に、
そのときの監督から「48時間で映画を撮る」というThe 48 hour film project大会があるから出てみないかとお誘いをいただきました。
またあの感覚を味わえる!と思い、参加させていただきました。

すると、前回と違って台詞がありました。
音響があったり、照明があったり…
「すごい!照明が自分に当たってる!!たのしい!」って感じで
一気に映像の世界に魅了されました。

そこから、48project関係の交流会で映像関係の人と繋がりができて、
こういうオーディションあるから受けてみたらどうですか?
と言われたのが、ある大学の卒業制作のオーディションでした。

期限ギリギリで滑り込むように応募してみたら、まさかの合格。
そこで初めて70分くらいの長編を撮影しました。
いろんな役になれる喜びをここで感じるようになりましたね。
夜から撮影して、朝の7時になり
それでもバレエ団に行って、終わってからまた撮影。
丸二日寝てないときもありました。(笑)

 

Redox.

バレエと撮影を並行していたんですね。しんどくはなかったのですか?

 

南羽 真里

しんどさなどなく、むしろ、すごい楽しかったんです。
もっと深いところまで知りたい気持ちの方が強く、自分の中で歯車は加速し続けていました。
でも、やっぱりバレエと撮影を両立することができない状況に。

例えば、ほぼ毎日レッスンに行かないといけない。
でもこの日朝から撮影どうですか?と言われても
バレエが仕事なのでバレエを優先しないといけない。
そういうのが続いて、どちらかを選択しなければならない状況になりました。
その時点で、バレエよりも女優の道に進みたい気持ちのほうが強くなっていました。

ep32-3

(Osaka 48 Hour Film Projectの時の写真)

 

意思を固める

 

Redox.

大きな選択をしなければならなくなったのですね。
では、どのように南羽さんは決めたのでしょうか?

 

南羽 真里

私は18年間バレエを続けてきて、それが当たり前のようになっていました。
このまま残った方がいいのか?
それとも、自分のしたいことをやるのか?
22歳で人生の方向転換でしたね。

ただ、「もう後悔したくないな」って。
ここで諦めても、後悔しか残らんなって。
一回きりの人生やし、自分で決めようと。
今までやってきたことがすべて無駄になるのではなくて、それを活かしていこうと。
バレエをやっていてよかったと言えるように頑張ればいいんやと。

それに、叔父からの言葉も大きかったです。
「今って思うタイミングがあるなら、そこしかない。この先何があるかわからん。
でもみんなそうや。
バレエ団でも一緒やし、自分が思うタイミングで辞めなさい。」

と言われました。

バレエ団に入る時からタイミングで悩んでいたし、
そこで1回機会を逃したままバレエを続けていて、
あそこで方向転換できたなぁって思っていました。
高校生の時は、自分の意思が弱くて、周りに流されていたと自覚しました。

だから、本当にやりたい気持ちがあったので、今かなと。
辞めてからどうしようじゃなくって。
バレエやめますって。

 

Redox.

大きな決断ですよね。周りから反対されましたか?

 

南羽 真里

正直、周りの先輩や同期はなんとなく気づいていました。(笑)
みさとは、型にはまったやつよりも
自然な芝居している方が楽しそうやったから。
やっぱりね。むしろ早く気づいてよかったと思う!
やりたいことやりやって。
そういう決断やチャンスの時に逃してきた先輩もいたみたいで。
逆に背中押してくれました。
もしダメやったら戻ってき!!みたいな。

恩師も、なんとなくわかっていたそうです。
バレエに身が入ってなかったとバッサリ言われました。
「場所は違えども、自分を表現するっていうことは一緒やから。
その場所が違うというだけで、もちろんやめたら寂しいけど、
そこまで意思が固まっているなら、あとは背中押すことしかできひんわ」って。

ep32-4

(舞台終了後の南羽さん)

 

女優の道へ

 

Redox.

気付いていたんですね。(笑)
それに、南羽さんの背中を押してくださったんですね。
実際に、バレエを辞めてからはどうでした?

 

南羽 真里

辞めた時に、今後の展望はありませんでしたが、
ワクワクした気持ちはありました。
これからどんな役をすることができるのだろうか
これからどう演技をしていけるのだろうかなど。
まず、何かしようと思っていた時にきっかけをいただきました。

滋賀県のご当地ヒーローがあるのですが、
それのヒロインオーディションがあって、すぐに応募してみました。
結果的に、合格することができて、
そこから1年半くらいのスパンでやっています。
本当に、人との繋がりって大事だなと思いますね。
映像始めた当初のスタッフとか監督とはいまでも繋がっています。

 

Redox.

その繋がりは、南羽さんが一人一人とのご縁を大切にしているからだと感じます。
今回は仕事にギャップはありましたか?

 

南羽 真里

もちろん少しのギャップはありましたが、
バレエのときみたいなネガティブなものではありませんでした。
というよりもネガティブにとらえてないだけかもしれないですね。(笑)
オーディションは落ちることもあるし、実力だけでもどうにもならないことも多々ありますね。
でも、もっともっと次に向けて頑張るみたいな。

ep32-5

(カメラから自己を表現する南羽さん)

 

母に伝えたかった気持ち

 

Redox.

南羽さんはそういう時はどうやって切り替えているのですか?

 

南羽 真里

たとえば、嫌なことがあったら
その日の夜に、部屋で音楽を大音量で流して、自分で役の設定をして妄想芝居をします。
そこで思いっきり泣きます。
それで、鼻かんで、お風呂に入って気持ちを切り替える。
次の日に持ち込まないように心がけています。

自分がバレエを辞めてまで選んだ道やし、そんなことでくよくよしない…
どうしても頭の片隅にあって忘れることができないこともありますけど、
基本すぐ忘れるようにしています。
あと…

 

南羽 真里

実は3年前に母が亡くなりました。
もともと母子家庭で、父がいない環境で育ちました。
育ちはずっと関西なのですが、転校を繰り返してきました。

理由は知りませんが、小学生の時と中学生の時はどちらも2回転校して、
入学から卒業まで同じ学校にいたのは高校の時だけですね。

高校の時は、母と2人で住んでいました。
将来のことを悩んでいる時は、母にはふわっと話していました。

ちょうど、私がバレエへの気持ちと役者への気持ちが並行していた時に、 母は病気で帰らぬ人になってしまいました。
ほんまに人生ってなにがあるかわからんなって思いましたね。
なので、私がバレエを辞めたとき、母はこの世にはいませんでした。

だから、一人暮らしをして、ちゃんと楽しく生きてるよって
バレエは辞めたけど、その経験を活かして体を動かすことにも挑戦してるよって
母に向けて仕事をしています。
その姿を母に見ていてほしいなっていうモチベーションがあります。
そういうのもあって後悔したくないっていう気持ちが人より強い方だと思います。

また、母が亡くなった際にたくさんの方に励まされ、支えられ助けていただきました。
その方々にも何らかの形で恩返ししたいと思います。

ep32-6

(撮影の時のワンショット)

 

これからの目標

 

Redox.

南羽さんのご自身の経験が、気持ちを強くしているのですね。
これからの目標ってなんでしょうか?

 

南羽 真里

わたしは有名になりたくてお芝居の世界に来たわけではありません。
もちろん、有名になれたら嬉しいですけど。(笑)
今まで清純派でヒロインが多かったんですが、
どす黒い役や殺人鬼の役もやってみたいです。変人役も。(笑)

もともと涙もろいし、
台本をもらって読んで、すぐ感情移入します。
本当に楽しいんです。
もっとこういう役をやってほしいと言われると嬉しいです。

自分の中ではなにがたのしいかはっきり分からないのですが、
今は、ただただ自分が楽しいからやっているところがあります。単純ですけど。

夢というか野望ではいつか母親の役をやってみたいですね。
それって女性にしかできないんですよ。
何歳になってもお仕事ができるように、人生を送る上でその時々の役を演じていきたいですね。
なので、目標はおばあちゃんになっても続けていることですね(笑)

 

Redox.

最後に、南羽さんの女優としてのモットーがあれば教えてください!

 

南羽 真里

正直、家族のことから、これ以上のどん底はないと思うようになり、
前を向いて歩いていこうと決めました。
そこから、素直に明るく、いつも笑顔をモットーにしています。

何かを、やり始めるってなったときにわたしは遅いって言われたんですよ。
わたしはこの先もずっとやっていきたいと思っているので
何かをやり始めるのに、年齢って本当に関係ないって思いますね。
まわりは言うだけで、わたしはわたしの道を決めるだけ。
もちろん周りの助けもありましたし、本当に周りに感謝しています。
それは、思っているだけではダメだと。
わたしの一番の後悔なんです。
母にありがとうと、ごめんねって言えなかったことが。
なので、思っていることがあるなら、素直に口に出していこうと。

それに、祖父母は元気で健在なんですけど、
女性としての晴れ舞台を見せたいなって思いますね。
それは女優としてではなくて、一人の女性としても。
そのためにも、これからも前向きに頑張っていこうと思います!

ep32-7

ep32-8

(清楚役からギャル役と幅広く活躍)

 

あとがき

 

4歳から習い事としてはじめたバレエは、歳を重ねるごとに上手くなりたい気持ちが強くなっていった南羽さん。

 

同時に、もっと演技をしてみたい気持ちも芽生えてきた。進路を決める時は、何をしていいかわからず、自分の気持ちを抑えバレエ団に入った。

 

しかし、抑えていた気持ちは、大きくなるばかりで、ある日「とりあえず、送ってみよう。」と一歩踏み出した。

 

そこから、出会いがきっかけを作り、どちらかを辞めなければならない状況になった。

 

「もう後悔したくない」気持ちから、バレリーナを辞め、女優の道へ進むことを決意。

 

背中を押してくれたのは、バレエの恩師や家族や友人だった。

突然の母の死から、人生何が起こるかわからないと思った南羽さんは、天国の母や支えてくれた周りの方に向けて、前向きに歩き続けている。

 

 今、少しでも何かやりたい気持ちがあるなら、一歩前に進んでみる。

 

素直に明るく、笑顔で前向きにをモットーに。

 

これからも人を明るくしていく南羽さんのご活躍に期待しています!!!